お客さまもお店スタッフも笑顔になれる、手づくりクッキーのお店「さくさく工房」

2021/10/7

さくさく工房クッキー

市バス停留所「北大路堀川」から北大路通を西へ徒歩2分、京都市北合同福祉センターの1階に京都市紫野障害者授産所が運営する手づくり焼き菓子のお店「さくさく工房」があります。赤いテント屋根が目印です。

さくさく工房外観
図書館や老人福祉センターの帰りに訪問される方も多いそう

私が初めて「さくさく工房」と出会ったのは2020年12月、船岡山で開催されたマルシェでのこと。購入したクッキーがおいしくてすっかりファンに。「サクサクしたクッキーのお店だから『さくさく工房』ね!」と納得したのですが、実はお店の名前の由来はちょっと違いました。「希望がさく、夢がさくように」という願いを込めて名付けられたそうです。

さくさく工房看板
さくさく工房のオリジナルロゴマークもキュート
さくさく工房お菓子作りの様子
現在は約20人の工房スタッフがシフトを組んで、一日5~6人でお菓子作りをしている
さくさく工房の手作りクッキー
ひとつひとつ手作りされるクッキーは大人から子どもまで大人気

お店を訪問すると、扉を開けると同時にふわぁ~とバターの香りが広がります。商品棚にはクッキーが並び、プレーンやココアなどの定番から抹茶やほうじ茶、季節商品などが勢揃い。ビスコッティ、ブラウニー、パウンドケーキなども仲良く並びます。同じ紫野エリアにある禅寺・大徳寺ゆかりの「大徳寺納豆」を使ったビスコッティが販売される日もあるそうで、ちょっぴりしょっぱい味わいはお酒とも好相性だとか!これらのお菓子たちは生地からすべて工房で手づくりされています。

さくさく工房内観
商品選びに迷ったときはスタッフにおすすめを聞いてみて
さくさく工房クッキー
季節限定商品はちょっとしたプレゼントとしても人気

「体にやさしいお菓子を届けたい」という思いから、なるべく国産のものを使用し、添加物はできるだけ使わないことなどを心がけているそう。常連さんにお話をうかがうと「孫がこちらのクッキーが大好きなので買いに来ました。小さい子どもには添加物が気になりますから安心ですね」とおっしゃっていました。

さくさく工房内観
工房はガラス張りのオープンキッチンになっていて、お店からはお菓子づくりの様子が見えるスタイル。作り手と買い手、お互いの顔を見ることができる

店頭に並ぶ商品は20種類前後あり、どれにしようか…と迷うのも楽しい時間。コリッとした生地とレーズンの異なる食感が魅力の「レーズンビスケット」が私のお気に入りの一つです。今回はスタッフのアイデアで誕生したというコショウのクッキーに初チャレンジしてみることに。お店の方との会話が自然に生まれるのも、この空間の魅力です。

さくさく工房クッキー
コショウクッキーはピリッとした黒コショウがアクセントになって、癖になる味わい

お店では今、世界的に注目を集めているSDGs(持続可能な開発目標)にも取り組まれていて、例えば「つくる責任つかう責任」の視点から食品ロスを減らすため計画的な生産を考慮したり、布の端切れを利用したディスプレイを作るなどの活動もされています。日々のお店の様子はインスタグラム・Facebookで発信をされていて、限定商品の販売日やイベント・セールの情報もありますので見逃せません。

さくさく工房小物
手づくりならではの温もりがあちらこちらに感じられる

「希望がさく、夢がさくように」との願いが込められたお菓子工房で、お気に入りの「おいしい♪」を見つけてみてくださいね。

さくさく工房クッキー
見目麗しい「みるくココアミックス」は優雅な気分にさせてくれる

さくさく工房
電 075-492-8821
営 10:00~16:00
休 土・日曜、祝日、12/29~1/3
所 北区紫野雲林院町44-1 京都市北合同福祉センター1F
交 市バス停「北大路堀川」から徒歩2分
P 2台(うち1台は身障者用)
さくさく工房ホームページ
Facebook・インスタグラムで日々の情報を発信中!